清掃及び調査業務Clean & Inspect

清掃業務について

管路施設内に混入した土砂・汚泥等の堆積物を取り除くことにより、適正な流下能力を回復させます。 管内清掃では、高圧洗浄車(ジェット)から伸ばした高圧ホースを下流マンホールから挿入、 先端ノズルからの逆噴射により自走させ上流マンホールまで到達させた後、 ホースの牽引と噴射によって目的物を下流まで引き寄せることができます。 さらに超高圧設定にすることにより木の根・モルタル等の付着物を切断・破砕除去することも可能です。 清掃物の吸引・運搬には強力吸引車(バキュームダンパー)を利用します。 そのほか側溝・水路・貯留施設や宅内ますなど、下水道施設に関わる清掃業務全般に対応できます。

清掃業務(高圧洗浄)
清掃業務(強力吸引)
清掃業務(本管洗浄)
清掃業務(管内吸引)

調査業務について

自走式テレビカメラを用いて、下水道管内面の状態を映像調査します。 管内の破損や腐食、侵入水などの混入物、たるみ等による堆積物の発見などを行うことにより、 その後の維持管理計画に役立てます。管更生を施工する前には、 障害となりそうな異物を高圧洗浄機や穿孔機を利用して除去しますが、 これもカメラ映像を見ながら行うことにより的確に処理することができます。 また、取付管(汚水桝~下水本管)の場合は手動で専用のスコープカメラを挿入して調査を行います。 そのほか地上部からの巡視点検によりマンホール蓋や舗装部の異常の発見したり、流下排水の流量調査など幅広く対応できます。

調査業務(本管調査)
調査業務(自走式TVカメラ)
調査業務(穿孔映像)
調査業務(人孔調査)

下水道管の陥没原因

下水道管は小さいものでも直径20~30cm程度の空間があり、 普段は少量の水が流れるだけでスペースに余裕のある造りになっています。 老朽化や地震動により管路が破損して、そのスペースに周囲の土を引きずり込むことにより、 地下空洞を発生させてしまう場合があります。空洞により支持力が減少した路面は、車両荷重などに耐えきれずに結果、 陥没してしまうことがありトラブルの温床になっています。

■腐食環境による影響

下水道施設内では硫化水素ガスが発生しているスポットが存在します。 このガスが管内に滞留すると、周辺の管壁を変質させてボロボロにしてしまう可能性があります。 主な発生源は堆積汚泥からなっており、管の構造上の問題(伏越し、圧送管など)が原因として挙げられます。

そのメカニズムは、次の通りです。

汚泥の堆積 排水に含まれる硫酸塩(SO2-)が汚泥として堆積する。
嫌気性反応 汚泥中に住む嫌気性細菌の働きにより硫酸塩から硫化水素(HS)が生成する。

さらに壁面腐食となると、

好気性反応 管壁についた結露(水)中に住む好気性細菌の働きにより硫化水素から硫酸(HSO)が生成する。
壁面腐食 硫酸によりコンクリートが変質して強度が低下する。

このように、下水道管の劣化原因とされる腐食環境は排除すべきであり、定期的に管内清掃を行うべき理由でもあります。