沿革・歴史Histry

創業~現在まで

・1957年(昭和32年)

東京都新宿区に(株)建成社を設立。 測量設計コンサルタント業として事業を開始する。

・1965年(昭和40年)

下水道管渠対応の高圧洗浄車(ドイツ製)を導入。 都内の下水道メンテナンス業を開始する。

・1970年(昭和45年)

大阪営業所を茨木市に設置。 関西の公共下水道及び民間工場(排水・ピット等)の維持管理業を開始する。

・1975年(昭和50年)

管渠の樹脂ライニング(タックス工法等)を導入。
同年頃、下水道の整備事業拡大に伴い近隣家屋調査(事業損失・環境対策)を開発、事業として開始する。

近隣家屋調査

・1981年(昭和56年)

大阪営業所を大阪市東淀川区に移転、名称を大阪支店に変更。

・1983年(昭和58年)

(株)建成社の大阪本社を設立。

・1988年(昭和63年)

商号を(株)建成社から(株)ケンセイに変更。

・1989年(平成元年)

北大阪支店を池田市に設置。

・1990年(平成2年)

堺支店を堺市に設置。
EX工法(全面更生)をメーカーと共に開発。 これに伴い管内のTVカメラ調査及びパッカー工法(MS止水)なども併せて導入する。

EX・ダンビー工法

・1991年(平成3年)

資本金を4,100万円まで増資。

・1994年(平成6年)

EPR工法(部分補修)を導入。

・1997年(平成9年)

オールライナー工法(全面更生)を導入。

オールライナー工法

・2000年(平成12年)

神戸支店を神戸市に設置。

・2002年(平成14年)

東部大阪支店を東大阪市に設置。

・2003年(平成15年)

東京営業所を東京都に設置。
東部大阪支店を大東市に移転。
クリスタル技術工法(塗布型補修)を導入。

クリスタル技術工法

・2004年(平成16年)

ISO9001(BSI)を認証取得。

・2006年(平成18年)

CPSシステム工法(部分補修)を開発・導入。 CP工法及びCS工法が日本下水道新技術機構の審査証明を取得する。

CPSシステム工法

・2007年(平成19年)

上記開発に伴い工法特許を取得。

・2011年(平成23年)

耐震一発くん工法(接続部耐震化)を導入。
同年頃、工損仕様の改定に伴いデジタル対応(改ざん防止メディア付)の本格導入を開始する。

耐震一発くん工法

・2012年(平成24年)

北大阪支店を伊丹市に新築移転、名称を伊丹支店に変更。

・2013年(平成25年)

東京営業所を川崎市に移転、名称を神奈川営業所に変更。

・2015年(平成27年)

神戸支店を閉鎖。

・2017年(平成29年)

完全週休二日制を導入。

・2018年(平成30年)

東部大阪支店を東大阪市に新築移転、名称を東大阪支店に変更。

現在までの業務実績はこちらをご覧ください。

事業と歴史について

「管更生工事」と「近隣家屋調査」

当社を代表するこの2つの事業、一見すると全くの異業種のように感じるかもしれませんが、実は「公共下水道」を共通のルーツとして誕生しました。

昔は下水道管を布設・整備をする際の事故が多く、掘削障害や土留不良などによる近隣被害が度々発生していました。 これらに対処するために「近隣家屋調査」が開発され、整備事業における諸問題の解決に貢献しました。

都市部を中心に下水道普及率が向上してくると、今度は維持管理の必要性が高まり、老朽管をどのように更新していくのかが課題となりました。 そこで従来の開削入替工法とは別の手段として、安全で利便性に優れた非開削(地面を掘らない)補修技術「管更生工事」が開発・導入されました。

ケンセイは「下水の整備・普及~改築・更新」という時代の流れを掴みながら、堅実に事業を営んできました。

技術・サービスのご紹介